自己主張しながら気持ちを切り替える

1歳半から2歳代は自己主張の時期です。この自己主張にどう対処すればいいのでしょう?
「イヤ」と言われ
「いやじゃないでしょう」と
「自分で」に
「じゃ、さっさと自分でしなさい。できなくても知らないよ」
と対応していませんか?
このようにしていると、自己主張がもつれて強情になってしまい、だだこね状態になり、なかなか手に負えなくなります。
まずは子供の意思を尊重することです。子供のいいなりになるのではなく、子供に選ばせることです。
「どっちにする?」
と。・・・自己主張の激しい2歳児は、選んだことで自分の意思が尊重されたと感じるのでしょうか、それだけで満足します。大きな流れは大人がつくり、小さな局面で子供に選択させること。そのことで自己決定する力も育っていきます。
子供がイヤといったら「そう、イヤだったの」といったん受け止めて、気持ちを切り替える「間」を保障することが大事です。

保育雑誌 「ちいさいなかま」より抜粋