水・砂・どろんこ遊びの大切さ

〈水・砂・どろんこ遊びの大切さ〉

子どもは水遊びが大好きです。水が自律神経を鍛え、気道の粘膜を強くします。水、砂、土は形の無い教材。お団子作りをしたり、素足でどろんこ遊びをいっぱいすることで創造性も育ちます。手指と足は突き出た大脳と言われ、大脳に刺激を送り脳の発達を促します。

また、築山の斜面を登る事で足腰が強くなり、土踏まずがしっかりとでき、歩行が安定し、体のバランスもとりやすくなるのです。